周囲の需要を考える!?フランチャイズで出店する時のポイント

高齢に近づくほど転職は限定される?!

会社勤めをして気付いたら50歳代に突入し、このまま企業に残っても関連会社に異動になったり、給与の昇給も頭打ち状態になることも多いです。定年の年齢が引きあがったとしても、会社勤めができるのはあとわずかで、転職を考えてもこの年齢になると求人がほとんど見当たらない状態ということも珍しくないのです。逆にこの年齢になると転職サイトからオファーが多くなる案件があります。それはフランチャイズとして出店しませんかという誘オファーです。

自分のやりたいことよりも需要があること!

そのオファーをしてくる業種で多いのが、コンビニエンスストア、学習塾、清掃業があげられます。その中から何を選択すればいいかを考えた場合、自分が好きなことが一番で好きであれば長く続けることができるためという選択肢で選ぶケースも多いですが、一番いいのはその地域で求められている存在であるかどうかです。フランチャイズ店として自分が住んでいる地域で出店しても、求められていないお店であれば繁盛しないのは明確です。

フランチャイズ契約は周囲の需要を見極めて!

そのため周囲に会社勤めの独身者が多い場合には、昼間は働いているために買い物ができない人が多く住んでいると予想されるためにコンビニを開店した方が需要が見込むことができます。また、周囲に小中学校がある場合には、高校受験を控えた生徒に対して学習塾を開店した方が通ってくる生徒数も見込むことができます。特にフランチャイズの場合には本部のネームバリューも利用することができるために、できるだけ周囲の住人にとって有名なブランド名を持った会社と契約を締結した方が良いと言えます。

代理店販売でメーカーは販売・営業社員を増やすことなく、製品を販売出来ますが、営業にはその製品の理解度が必要で、故障したときの対応など買い手にメーカー同等のサービスを提供出来るかが問題になります。