誰でも出来る!自営業になるための超簡単な方法

働き方に変化が生まれてきた

最近ではインターネットが発達したことや価値観の変化が著しいことから働き方にも変化が生じています。今まではサラリーマンのように雇用されることが当たり前でしたが、今では独立する人が増えてきました。しかし実際に独立するとなると、手続きなど色々難しそうなイメージがあります。それでは自営業として独立するためにはどうすればいいのでしょうか。

自営業として独立する方法

実は自営業になること自体は非常に簡単で誰でもすぐに始めることが可能です。基本的には開業届に必要事項を記入して税務署に提出すれば自営業者になれます。開業届というと難しそうなイメージがありますが、記入しなければならないのは名前や住所、どんな事業をするのか、など必要最低限のことだけなので非常に簡単です。初めて開業届を書く人でも5分程度もあれば完成してしまいますし、スマートフォンの契約をするよりもはるかに簡単です。もし万が一開業届の書き方が分からなかったとしても税務署の職員に聞けば優しく教えてくれるので全く問題ありません。

最低限の勉強は必要!

自営業になること自体は非常に簡単なのですが、それ以降はある程度の勉強が必要となります。代表的なものとしては税金や年金、経理などがあります。サラリーマンなど会社に雇用されている時は税金などの手続きは会社が代行してくれているのですが、独立すると自分で行っていかなければなりません。自分で行うためには最低限の知識が必要となるので勉強も同時に必要となります。

フランチャイズは、対価を支払うことでブランドや戦略などの必要な要素をそのまま受け継ぎ未経験でもしっかりとしたビジネスが始められる仕事です。